【経営者別】経営本のおすすめ91選まとめ【ビジネスリテラシーを高める】

悩めるビジネスリテラシー

経営本とは社会に大きなインパクトを与えた起業家や大きな成果を残した経営者の本のこと。

経営本は、その当時の起業家や経営者が感じたこと、意思決定した背景をなどの過去の出来事を追体験することができます。

経営本が時代に関係なく人気なのは、そのような追体験をして日々の仕事に役立つ知識や考え方を学んでいきたい人が多いためなのかもしれません。

・これから社会人になる上で仕事のスタンスや考え方を学びたい
・社会人として仕事の成果を出すには経営的視点を持つべきだ、と言われた
・経営者として有名起業家の経営手法を参考にしたい

このようなことを考えている人には、まさに経営本がオススメできます。

私がオススメする理由

前職のコンサルをしていた時、日常的に経営者の方々と会話を重ねていました。

ある時、コンサル先の経営者にこんなことを言わレました。

「経営者ではない君にわからないかもしれないが、経営者として意思決定ができない。論が通っていても経営者としての情緒も必要なんだ」

この時、正直ムッとしてしまい腹落ちはできなかった。

ただいま小さいながらに会社を経営する立場になり、分かるようになりました。

会社経営は理論が正しそうだとしても、実際は見ることができない「人」「外的環境」「タイミング」など不確実な変数がたくさん存在しています。

そのような変数に対して対処していくのかが経営の意思決定になります。

では、変数はどのように判断したらいいのか?

その判断の参考になるのが「実際の意思決定された背景や考え方」を聞くことです。

ただ大きな意思決定や取り組みをした人たち全てに聞いてまわることは現実的ではありません。

現実的かつ手軽に誰でもできることは「本を通じて追体験する」ということです。

経営本は、その当時の起業家や経営者が感じたこと、意思決定した背景をなどの過去の出来事を追体験することができます。

これが、私が経営本をオススメできる理由です。

【経営者別】オススメの経営者本88選

私がこれまで読んだ経営本を経営者別に整理してみました。

創業者や経営者の歴史がわかる本になっていますので気になる本があればチェックしてみてください。

こんな人の参考になればと思います。
・いま大学生で、これから社会人になる人
・仕事のスタンスや考え方を学びたい人
・経営的視点を身につけたい人
・起業家や経営者の経営手法を参考にしたい人

孫正義(ソフトバンクグループ代表取締役会長兼社長)

志高く 孫正義正伝 新版

志高く 孫正義正伝 新版
画像:amazonより引用

【内容】
裸一貫から立ち上がり、いまや世界を見据える事業家となった孫正義。その原点となる少年時代から、アメリカでの青春期、ソフトバンクの創業、インターネットや携帯電話事業への進出、アリババの上場さらにはロボット事業に至るまで―波乱に満ちたその半生を、四半世紀にわたって孫を密着取材してきた作家・井上篤夫が熱く描く。勇気と活力が湧いてくる決定版評伝!(内容:「BOOK」データベースより)

孫正義 事業家の精神

孫正義 事業家の精神
画像:amazonより引用

【内容】
究極の自己満足は、人々の笑顔。孫正義死すとも、正義は死せず。とにかく1番でないと嫌なんです。黄色の管理が経営管理。あなたとの約束は必ず守ります。潮目を読め。若きジェダイの騎士のように―孫正義の精神を肉声から体感する36の言葉。(内容:「BOOK」データベースより)

孫正義 300年王国への野望

孫正義 300年王国への野望
画像:amazonより引用

【内容】
巨額買収。後継者との別れ。規制への挑戦。裏切り、内部分裂…これまで語られなかった「舞台裏」に迫る!(内容:「BOOK」データベースより)

あんぽん 孫正義伝

あんぽん 孫正義伝
画像:amazonより引用

【内容】
今から一世紀前。韓国・大邱で食い詰め、命からがら難破船で対馬海峡を渡った一族は、筑豊炭田の“地の底”から始まる日本のエネルギー産業盛衰の激流に呑みこまれ、豚の糞尿と密造酒の臭いが充満する佐賀・鳥栖駅前の朝鮮部落に、一人の異端児を産み落とした。孫家三代海峡物語、ここに完結。(内容:「BOOK」データベースより)

孫正義 起業の若き獅子

孫正義 起業の若き獅子
画像:amazonより引用

【内容】
ナスダック創設、高騰するヤフー株など、大胆なアイディアと実行力で、連日のように新聞のトップを飾る若き起業家が、波乱に満ちた半生を初めて語り尽くした。ネット資本主義で世界制覇の野望。(内容:「BOOK」データベースより)

江副浩正(リクルート創業者)

起業の天才!: 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

起業の天才!: 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男
画像:amazonより引用

【内容】
【ジェフ・ベゾスは、このヤバい日本人の「部下」だった】

かつて日本には、「起業の天才」がいた。リクルート創業者、江副浩正。

インターネット時代を予見、日本型経営を叩き潰し、
自分では気が付いていない才能を目覚めさせた社員のモチベーションを武器に彼がつくろうとしたのは、「グーグルのような会社」だった。

だが彼の名は「起業の天才」ではなく、戦後最大の企業犯罪「リクルート事件の主犯」として人々に記憶される。

「ベンチャー不毛の地」となった日本に必要な「起業家の資質」とは何か。リクルート事件の大打撃を乗り越え1兆8000億円の負債を自力で完済、株式時価総額で国内10位にまで成長した「奇跡の会社」はどのようにつくられたのか。

苦境に立ち逆風に向かうすべての日本人に贈る、歴史から葬られた「起業の天才」の真の姿。

【日本にも、こんな経営者がいた!】
・グーグルの「検索」を先取り
・独自の「クラウド・コンピューティング」
・読売新聞と「全面戦争」
・電通から広告を奪う
・日・米・欧を結ぶコンピューター・ネットワーク
・世界の「コンピューターの天才」をかき集める

(内容:「BOOK」データベースより)

江副浩正

江副浩正
画像:amazonより引用

【内容】
なぜ彼にだけ見えたのか。なぜ彼にだけできたのか。そして、なぜ彼は裁かれたのか。眩く、影深き稀代の起業家。その孤影を蒼穹に追う。(内容:「BOOK」データベースより)

かもめが翔んだ日

画像:amazonより引用

【内容】
リクルートの生みの親、リクルート事件の被告としてあまりにも有名な著書が、同社と共に生きてきた半生を振り返った。注目すべきは、リクルートコスモスの経営悪化から、ダイエーへの株譲渡決定までの苦しい日々が綴られた章。「家族よりもリクルートが大事」という著者の想いが伝わってくる。

(内容:日経ベンチャーより)

リクルートのDNA―起業家精神とは何か

リクルートのDNA―起業家精神とは何か
画像:amazonより引用

【内容】
企業を拡大発展する極意と受け継がれるリクルートの遺伝子。(内容:「BOOK」データベースより)

松下幸之助(パナソニック創設者)

夢を育てる―私の履歴書

夢を育てる―私の履歴書
画像:amazonより引用

【内容】
小学校を4年で中退して丁稚となった松下幸之助は、弱冠22歳でソケットの製造販売を始めた。以来、電器一筋に、「ナショナル」「パナソニック」という世界ブランドを育て上げ、「水道哲学」という独得の理念の下、積極的に社会への発言を続けた“経営の神様”の履歴書。(内容:「BOOK」データベースより)

難儀もまた楽し

難儀もまた楽し
画像:amazonより引用

【内容】
主人はいまだに「六十三銭でもけっこうお肉も食べられた、けっこう暮らしていけた」と誰にでも言っていますが、実は、主人が帰ってくるまで、私がよそのお針をしていたのを知らなかったのです―。本書は、松下幸之助の妻として事業を支えた松下むめの夫人が、知られざる夫との歩み、生活信条、生きがいなどを語ったもの。屈託なく、おおらかに語られる言葉の数々が、世代を越えた共感を呼ぶ。(内容:「BOOK」データベースより)

盛田昭夫(ソニー共同創業者)

小説 盛田昭夫学校 (上)

小説 盛田昭夫学校 (上)
画像:amazonより引用

【内容】
敗戦後の小さな町工場から、世界ブランドへの飛翔!その「神話」の陰に、一人の天才的経営者がいた。(内容:「BOOK」データベースより)

小説 盛田昭夫学校 (下)

小説 盛田昭夫学校 (下)
画像:amazonより引用

【内容】
日本を世界に売り込み、日本人に自信と勇気をくれた永遠のベンチャー精神、モリタ・スピリッツのすべて。(内容:「BOOK」データベースより)

ソニー 盛田昭夫―――“時代の才能”を本気にさせたリーダー

ソニー 盛田昭夫―――“時代の才能"を本気にさせたリーダー
画像:amazonより引用

【内容】
“時代の才能”を引き寄せ、多くのイノベーションを実現してきたソニーは、世界の企業のロールモデルとなった。今、進むべき道を見失っている日本のビジネスマンに、この稀有な企業の歴史を掘り起こし、日本がソニーと盛田昭夫を持てた意味を、成功と失敗のメカニズムとともに伝える。(ダイヤモンド社より)

MADE IN JAPAN―わが体験的国際戦略

MADE IN JAPAN―わが体験的国際戦略
画像:amazonより引用

【内容】
ミスター・ニッポン盛田昭夫が、初めて明かす「わが半生」、その経営哲学、対日批判への痛烈な反論、危機の日本企業が生き残る道―ここにはアメリカを直撃するメッセージがある。(内容:「BOOK」データベースより)

井深大(ソニー共同創業者)

井深大 自由闊達にして愉快なる―私の履歴書

井深大 自由闊達にして愉快なる―私の履歴書
画像:amazonより引用

【目次】
トランジスタ、ダイオード、マイクロテレビ―革新的技術と製品化力で世界企業ソニーをつくりあげた井深大。「技術者たちが技術することに深い喜びを感じ、その社会的使命を自覚して思い切り働ける安定した職場をつくる」を目標に走り続けた半生記―日経連載「私の履歴書」、待望の文庫化。(内容:「BOOK」データベースより)

似鳥昭雄(ニトリ創業者)

運は創るもの ―私の履歴書

運は創るもの ―私の履歴書
画像:amazonより引用

【目次】
度胸と愛嬌があれば、人生なんとかなる。―23歳でニトリ家具を創業し、日本一の家具チェーンに育て上げた、似鳥昭雄の波瀾万丈の一代記。各紙誌で大反響の連載を大幅加筆し、書籍化。(内容:日本経済新聞出版社)

落ちこぼれでも成功できる ニトリの経営戦記

落ちこぼれでも成功できる ニトリの経営戦記
画像:amazonより引用

【目次】
似鳥昭雄社長が明かす、『ニトリ』のすべて。小さな家具屋を日本有数の企業へと急成長させたのは「度胸と愛嬌」だった!(内容:「BOOK」データベースより)

宮内義彦(オリックスシニア・チェアマン(元取締役、前代表執行役会長兼グループCEO、元社長))

“明日”を追う

“明日"を追う
画像:amazonより引用

【目次】
オリックスと歩んだ50年。「日本にリースを根付かせる」たった13人で立ち上げた会社は、やがて世界にも類を見ない多角的金融サービス企業へと成長した。事業の多角化、球団買収、NY上場、規制改革への取り組み―日本経済新聞「私の履歴書」をまとめた初の自伝。日経電子版「経営者ブログ」も収録。(内容:「BOOK」データベースより)

藤田晋(サイバーエージェント代表取締役社長)

渋谷ではたらく社長の告白

渋谷ではたらく社長の告白
画像:amazonより引用

【目次】二一世紀を代表する会社を作りたい―。高校生のときに抱いた起業の夢は、サイバーエージェントの設立により実現した。しかし、社長になった彼を待っていたのは、厳しい現実だった。ITバブルの崩壊、買収の危機、社内外からの激しい突き上げ…。孤独と絶望、そして成功のすべてを赤裸々に告白したノンフィクション。夢を追う人必読の書。(内容:「BOOK」データベースより)

起業家

起業家
画像:amazonより引用

【目次】ネットバブル崩壊、業界の低迷、再びのネットバブル。絶頂の中、発生したライブドア事件、親友・堀江氏の逮捕、株価暴落、そして社長の退任を賭けて挑んだ未知の領域…。その時、起業家は何を考えていたのか?抱えた苦悩と孤独、そして心に沈めてきた想い。焦り、嫉妬、不安、苛立ち、怒り、絶望―。すべての真相を、今ここに。魂をゆさぶる衝撃の告白。(内容:「BOOK」データベースより)

三木谷浩史(楽天代表取締役会長兼社長)

成功のコンセプト

成功のコンセプト
画像:amazonより引用

【目次】楽天急成長の秘訣はここにある。(内容:「BOOK」データベースより)

問題児 三木谷浩史の育ち方

問題児 三木谷浩史の育ち方
画像:amazonより引用

【目次】平均以下の成績。有名私立中学退学。熱中したのはテニスだけ。教師を悩ませ、手をわずらわせ続けた子供。だが、その少年は日本を代表する実業家になった。少年は両親からどのような教育を受けてきたのか?前を向き続ける、くじけない心はいかに育まれたのか?そして、いま何を考え、どのように動いているのか?本人、両親、そして関係者への取材を経て、初めて綴られる実像。(内容:「BOOK」データベースより)

柳井正(ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長、ユニクロ 代表取締役会長兼社長、ジーユー 取締役会長)

一勝九敗

一勝九敗
画像:amazonより引用

【目次】失敗を恐れてはいけない。失敗にこそ成功の芽は潜んでいる。豪胆な父を持つ内気な一人息子・柳井正が、家業の紳士服店を継ぎ、カジュアルウエアのトップ企業へと育て上げるには、数え切れぬ失敗の歴史があった。しかし、そこから学び切り拓いた方法が、大きな成功へとつながった。海外で高品質の衣料を製造する秘訣、広告代理店任せにしない宣伝戦略、透明性の高い人事考課…etc。業績低迷や海外進出の失敗にも率直に触れながら、独自の経営哲学とその手法を惜しみなく公開する。(内容:「BOOK」データベースより)

成功は一日で捨て去れ

成功は一日で捨て去れ
画像:amazonより引用

【目次】常に、一挑戦者として。現状を否定し、挑戦を続けるユニクロ。経営トップが明かす、変革の記録。(内容:新潮社)

現実を視よ

現実を視よ
画像:amazonより引用

【目次】ゴールドラッシュのアジアに取り残され稼ぐことを忘れて、国を閉ざす日本人へ―あなたが変われば未来も変わる。(内容:「BOOK」データベースより)

本田宗一郎(本田技研工業(通称:ホンダ)創業者)

本田宗一郎 夢を力に: 私の履歴書

本田宗一郎 夢を力に: 私の履歴書
画像:amazonより引用

【目次】自動車修理工から身を起こし、「世界のホンダ」を一代で築いた日本のビジネスヒーロー、本田宗一郎。彼が自らの前半生を回顧した「私の履歴書」を中心に、人間的魅力に満ちたその生涯をたどる。後半部には、彼が社内報等に寄せた文章をもとにまとめた「本田宗一郎語録」も収録。(内容:「BOOK」データベースより)

俺の考え

俺の考え
画像:amazonより引用

【目次】「私たちの会社が一番大事にしているのは技術ではない」日本の自動車エンジンを世界的技術にまで高めたHONDAの創業者、本田宗一郎が爽やかに率直に仕事のエッセンスを語ります。景気の善し悪しを超えて“本物”を生むためのヒントの数々“技能よりアイデアを”“責任回避会議を開くな”“「甘い記憶」を叩き出せ”“試す人になれ”等々、一読すれば元気百倍、天才技術者の肉声エッセイ集。(内容:「BOOK」データベースより)

ざっくばらん

ざっくばらん
画像:amazonより引用

【目次】

夢を追い求めた男の原点。いま、甦る、幻の第一作。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。(内容:「BOOK」データベースより)

わが友 本田宗一郎

わが友 本田宗一郎
画像:amazonより引用

【目次】
40年来の心の友が語る、人間・本田宗一郎氏の魅力、生き方、真実。日本が誇る2人の偉大なる経営者2人が持ち続けた情熱・知恵・心そして―友情が凝縮!(内容:「BOOK」データベースより)

鈴木修(元スズキ株式会社 代表取締役会長)

俺は、中小企業のおやじ

画像:amazonより引用

かつてない危機をどう乗り越えるか。創業期以来の数々の苦境を乗り越え、いままた世界自動車不況に敢然と立ち向かう!スズキ会長兼社長が初めて語る。

堀江貴文(ライブドア創業者)

我が闘争

我が闘争
画像:amazonより引用

【目次】九州の田舎から東大進学を機に上京し、23歳で起業。以来、世間の注目を浴び続けた時代の寵児は、やがて「生意気な拝金主義者」というレッテルを貼られ、挙げ句の果てに、突然の逮捕で奈落の底へ―。返り血を浴びても世間の常識に立ち向かい、“敵”が巨大権力であっても、納得できなければ迷わず闘い続けてきた著者の孤独と渇望の半生。(内容:「BOOK」データベースより)

豊田喜一郎(トヨタ自動車創業者)

カイゼン魂 トヨタを創った男 豊田喜一郎

カイゼン魂 トヨタを創った男 豊田喜一郎
画像:amazonより引用

【目次】純利益2兆円企業!世界一を実現したトヨタの原点とは!最強の生産方式「ジャストインタイム」「現地現物主義」を独創、トヨタのDNAを創った「志と実現力の男」を活写。(内容:「BOOK」データベースより)

豊田喜一郎―夜明けへの挑戦

豊田喜一郎―夜明けへの挑戦
画像:amazonより引用

【目次】著名な発明家だった父・佐吉の晩年の夢を受け継ぎ、国産自動車製造を志した長男・豊田喜一郎。外国メーカーの進出・太平洋戦争・戦後不況…、数々の困難を如何にして乗り越えていったのか。豊田家に残された記録や、関係者の証言をもとに、先駆者の辿った波瀾万丈の生涯を描き出す傑作伝記小説。(内容:「BOOK」データベースより)

未来を信じ一歩ずつ -私の履歴書

未来を信じ一歩ずつ -私の履歴書
画像:amazonより引用

【目次】トヨタとともに歩んだ60年の軌跡を語る。巻末収録、章男社長との対話。(内容:「BOOK」データベースより)

藤田田(日本マクドナルド、日本トイザらス、日本ブロックバスター創業者)

ユダヤの商法

ユダヤの商法
画像:amazonより引用

【目次】ユダヤ商法の「定石」こそ金儲けのノウハウ。総計276刷、82万7000部。あの伝説のベストセラーが今ここによみがえる。どうすれば金持ちになれるのか。その答えは世界の巨富を一手に集めるユダヤ商法の「定石」にあった。「定石」とは何か。それは、「銀座のユダヤ人」と呼ばれた著者が勝ち得た金持ちになるための原理原則。全世界でいまだに通用する唯一の「商法」である。「定石」さえ守れば、金儲けなんか誰でもできる―本書は、夢を抱き、巨万の富を築き、新しい未来を自らつくりたいと望む若者やビジネスマンには必読のノウハウだ。1972年5月刊行初版本を底本に、新装版としてここに読者待望の復刊!(内容:「BOOK」データベースより)

勝てば官軍

勝てば官軍
画像:amazonより引用

【目次】ビジネスマンが生き残るための「藤田式」勝利の哲学。バブル崩壊後のデフレが始まった90年代から現在までの「失われた30年」を予測すべく描いた日本経済再生への処方箋。いまだ色褪せない藤田田の「舌鋒」が装いを新たに今、よみがえる!いつの世も成功するための変わらない「勝利の法則」がここにある。会社組織とは何か、また会社人とはどうあるべきかを赤裸々に語りつくした本書。勝てば官軍、負ければ倒産―優勝劣敗のビジネスに、藤田田自らが「成功哲学」をわかりやすく解説。グローバルな時代だからこそ日本文化の特質と30年先を見据えた視野の大切さを説く。ビジネスでは「絶対に勝たなければならない」という危機感を持つビジネスマンには必読の書だ。(内容:「BOOK」データベースより)

南場智子(ディー・エヌ・エー代表取締役会長)

不格好経営―チームDeNAの挑戦

不格好経営―チームDeNAの挑戦
画像:amazonより引用

【目次】チームDeNAは、なにもそこまでフルコースで全部やらかさなくても、と思うような失敗の連続を、ひとつひとつ血や肉としてDeNAの強さに結びつけていった。とてもまっすぐで、一生懸命で、馬力と学習能力に富む素人集団だった。創業者が初めて明かす、奮闘の舞台裏。(内容:「BOOK」データベースより)

折口雅博(グッドウィル・グループ創業者)

「プロ経営者」の条件

「プロ経営者」の条件
画像:amazonより引用

【目次】「ジュリアナ」の成功、裏切りと借金地獄、そして逆転復活。自らの体験をもとに「成功の条件」を説く。(内容:「BOOK」データベースより)

アイアンハート

アイアンハート
画像:amazonより引用

【目次】「ジュリアナ東京」「グッドウィル」「コムスン」と歴史を刻んだブランドを創出、従業員10万人をマネージ。紺綬褒章、厚生労働大臣賞受賞。突如、全てを失い渡米。NYで高級レストラン「MEGU」の国際展開を成功させてイグジット。起業家コーチとして後進育成に身を投じる。レジェンドが日本に再上陸。その壮絶な人生を記した書。(内容:「BOOK」データベースより)

宇野康秀(USEN-NEXT HOLDINGS代表取締役社長CEO)

起業家の勇気 USEN宇野康秀とベンチャーの興亡

起業家の勇気 USEN宇野康秀とベンチャーの興亡
画像:amazonより引用

【目次】“ヒルズ族の兄貴分”と呼ばれた男が見た「天国と地獄」。(内容:「BOOK」データベースより)

USEN宇野康秀の挑戦!カリスマはいらない。

USEN宇野康秀の挑戦!カリスマはいらない。
画像:amazonより引用

【目次】大言壮語はいらない。必要なのは、論理と行動とチームワーク。GyaOでテレビとインターネットを融合させたUSEN社長、宇野康秀が語る一番新しい経営のことば。(内容:「BOOK」データベースより)

江幡哲也(オールアバウト代表取締役社長兼最高経営責任者)

アスピレーション経営の時代

アスピレーション経営の時代
画像:amazonより引用

【内容】
変革時代こそ「志(アスピレーション)」が必要だ。創業5年で上場を果たした「オールアバウト」。そのカリスマ経営者の熱いビジネス哲学。(内容:「BOOK」データベースより)

元榮 太一郎(弁護士ドットコム創業者)

弁護士ドットコム 困っている人を救う僕たちの挑戦

弁護士ドットコム 困っている人を救う僕たちの挑戦
画像:amazonより引用

【内容】
エリート弁護士の道を捨て、8年の赤字に耐え、借金・離婚・交通事故・不当解雇など、リアルな悩みを解決するサービスを実現!「困っている人を助けたい」その一心でベンチャー起業。8年間の赤字にも負けずに、東証マザーズ上場を達成。決して諦めない弁護士による汗と涙のノンフィクション!(内容:「BOOK」データベースより)

山田 進太郎(メルカリ創業者)

メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間
画像:amazonより引用

【内容】
創業企業での挫折、再挑戦、エンジニアの離脱、アプリ全面つくり直し、焦り、100万ダウンロード、スター起業家たち、炎上、上場、海外事業の夢と現実―3000億円の巨大市場を築いた起業家たちに迫る、初の圧倒的ノンフィクション。希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間。(内容:「BOOK」データベースより)

中山 亮太郎(マクアケ代表取締役社長)

日本最大級Makuakeが仕掛ける! クラウドファンディング革命 面白いアイデアに1億円集まる時代

日本最大級Makuakeが仕掛ける! クラウドファンディング革命 面白いアイデアに1億円集まる時代
画像:amazonより引用

【内容】
時価総額1兆円を目指せる仕組み。(内容:「BOOK」データベースより)

佐治敬三(サントリー元会長)

へんこつ なんこつ – 私の履歴書

へんこつ なんこつ - 私の履歴書
画像:amazonより引用

【内容】
戦後、経済成長の中でウイスキーやワインを大衆化させ、日本人の食卓の風景を大きく変えた男の履歴書。父譲りの「やってみなはれ」精神で次々に新分野に挑戦しながら、スマートな「生活文化企業」サントリーをつくり上げた過程が生き生きと綴られる。(内容:「BOOK」データベースより)

小倉昌男(ヤマト運輸創業者)

経営はロマンだ! 私の履歴書・小倉昌男

経営はロマンだ! 私の履歴書・小倉昌男
画像:amazonより引用

【内容】
「クロネコヤマトの宅急便」を生み出して日本人の生活スタイルを変え、ヤマト運輸をトップ企業に育て上げた小倉昌男。経営から退いた現在は、私財を投じて障害者福祉に情熱を燃やす。「官僚と闘う男」の異名をとった硬骨の経営者が、その生きざまと哲学を語る。(内容:「BOOK」データベースより)

小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの

小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの
画像:amazonより引用

【内容】
2005年6月に亡くなったヤマト運輸元社長・小倉昌男。「宅急便」の生みの親であり、ビジネス界不朽のロングセラー『小倉昌男 経営学』の著者として知られる名経営者は、現役引退後、私財46億円を投じて「ヤマト福祉財団」を創設、障害者福祉に晩年を捧げた。しかし、なぜ多額の私財を投じたのか、その理由は何も語られていなかった。取材を進めると、小倉は現役時代から「ある問題」で葛藤を抱え、それが福祉事業に乗り出した背景にあったことがわかってきた――。著者は丹念な取材で、これまで全く描かれてこなかった伝説の経営者の人物像に迫った。驚きのラストまで、息をつかせない展開。第22回小学館ノンフィクション大賞で、賞の歴史上初めて選考委員全員が満点をつけて大賞を受賞。(内容:小学館文庫より)

小倉昌男 経営学

小倉昌男 経営学
画像:amazonより引用

【内容】
国と闘い、“宅急便”市場を創った男の論理。宅急便で日本の生活を変えたヤマト運輸元社長、小倉昌男。自ら筆を執り、その経営をケーススタディで書き下ろす。生涯唯一の書。(内容:「BOOK」データベースより)

渋沢栄一(第一国立銀行、王子製紙、大阪紡績、東京海上、日本鉄道など設立)

超約版 論語と算盤

超約版 論語と算盤
画像:amazonより引用

【内容】
生涯にわたり500近くの企業を育てあげ、同時に約600の社会公共事業にも関わった。晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補にも二度選ばれている。そんな渋沢を幼少期から生涯を通して貫いてきた行動指針こそ「論語」であり、経営、労働、人材育成などの核心をついた独自の経営哲学・人生訓にも論語の精神が貫かれ、渋沢の著作はいまなおビジネスパーソンを中心に広く長く支持されている。(内容:ウェッジより)

土光敏夫(石川島播磨元社長)

難題が飛び込む男 土光敏夫

難題が飛び込む男 土光敏夫
画像:amazonより引用

【内容】
石川島重工(現IHI)、東芝の再建に挑み、ついには日本の行政の立て直しまで任された土光敏夫。そのきらびやかな経歴とは対照的な修行僧にも似たその背中に、多くの人は畏敬の念すらもつ。これらの難題をそれぞれにきちんとこなして、最後の再建仕事の臨調会長として国民的英雄にまでなった土光という男は、どんな人間だったのか。なぜ三つの再建が可能だったのか。マネジメントを熟知した戦略研究者が明らかにする稀代の経営者の軌跡。(内容:「BOOK」データベースより)

高田明(ジャパネットたかた創業者)

伝えることから始めよう

伝えることから始めよう
画像:amazonより引用

【内容】
家業のカメラ店の手伝いで観光写真を撮っていた時代から年商1700億円超の日本一有名な通販会社をつくり、「卒業」するまで。そして、今伝えたい一番大切なこと。(内容:「BOOK」データベースより)

大山健太郎(アイリスオーヤマ創業者)

アイリスオーヤマの経営理念 大山健太郎 私の履歴書

アイリスオーヤマの経営理念 大山健太郎 私の履歴書
画像:amazonより引用

【内容】
「勝ちパターンにこだわり、変化を止めれば会社は終わりだ」―常に新商品を生み出し、業態を変え続けてきた名物経営者の集大成。(内容:「BOOK」データベースより)

樋口武男(大和ハウス工業最高顧問)

凡事を極める-私の履歴書

凡事を極める-私の履歴書
画像:amazonより引用

【内容】
電話が鳴ったら1回でとる。元気よくあいさつをする。約束を守る。「凡事」を極めることで、お客様の信頼が積み重なり、やがて「非凡な成果」につながる。「凡事徹底」「現場主義」「即断即決」で、業績不振の支店、債務超過寸前のグループ会社を立て直し、1兆円企業の組織改革と業績拡大を成し遂げた大和ハウス工業代表取締役会長兼CEOが語る、人と組織を強くする経営の極意。(内容:「BOOK」データベースより)

カルロス・ゴーン(日産自動車元CEO)

カルロス・ゴーン 国境、組織、すべての枠を超える生き方

カルロス・ゴーン 国境、組織、すべての枠を超える生き方
画像:amazonより引用

【内容】
「さあ、冒険の旅に出よう」リスクをとり、挑戦し続けたカリスマが今こそ伝えたいこと。(内容:「BOOK」データベースより)

篠原欣子(パーソルテンプスタッフ創業者)

前を向いて歩こう

前を向いて歩こう
画像:amazonより引用

【内容】
東京のアパートの一室にたった一人で「テンプスタッフ」と書いた小さな看板を掲げたのは、三十八歳のときだった。まだ「人材派遣」という言葉も法律もなかった。人材派遣ビジネスを始めて40年、業界屈指の企業を育て上げた型破りな人生を語る。(内容:「BOOK」データベースより)


池森賢二(ファンケル創業者)

企業存続のために知っておいてほしいこと

企業存続のために知っておいてほしいこと
画像:amazonより引用

【内容】
ひとつの事業は永遠ではない。会社は倒産に向かって進んでいる。それを防ぎ、発展させるためには何が必要なのか。すべてのビジネスパーソンに贈る、ファウンダーからの珠玉のメッセージ!(内容:「BOOK」データベースより)

重光武雄(ロッテグループ創業者)

ロッテを創った男 重光武雄論

ロッテを創った男 重光武雄論
画像:amazonより引用

【内容】
世界最貧国を捨て日本で栄光を手にした稀代の経営者・重光武雄。重光がいかにして、一代で巨大財閥「ロッテ」を築き上げたのか。幅広い取材から、その真相に迫った本書は、単なる人物評伝の域を超え、ビジネスにおける差別化と競争戦略、さらにオーナーシップや独創性を物語る「マネジメントの手本」となる一冊だ。(内容:ダイヤモンド社より)

米山稔(ヨネックス創業者)

ヨネックス米山稔負けてたまるか。―私の履歴書

ヨネックス米山稔負けてたまるか。―私の履歴書
画像:amazonより引用

【内容】
「21歳で創業後、会社はピンチの連続だった。苦労を重ね事業を伸ばすと、どん底に突き落とされる。その繰り返しだった。はい上がっていくと、また振り落とされる。その度に“ピンチはチャンス”と言い聞かせてきた」不屈の経営者精神でヨネックスを世界的なスポーツメーカーに育てた米山稔の波瀾万丈の物語。(内容:「BOOK」データベースより)

高原慶一朗(ユニ・チャーム創業者)

ユニ・チャーム SAPS経営の原点―創業者高原慶一朗の経営哲学

ユニ・チャーム SAPS経営の原点―創業者高原慶一朗の経営哲学
画像:amazonより引用

【内容】
正しい思考と行動が達成感と高業績を生む。会社の運動能力を高める経営モデル。(内容:「BOOK」データベースより)

家入一真(GMOペパボ、CAMPFIREなど創業者)

こんな僕でも社長になれた

こんな僕でも社長になれた
画像:amazonより引用

【内容】
ロリポップ!・ブクログを制作、JASDAQ最年少上場の起業家、感動の半生。(内容:「BOOK」データベースより)

我が逃走

我が逃走
画像:amazonより引用

【内容】
ひきこもりから瞬く間に「IT長者」へ…ロングセラー『こんな僕でも社長になれた』を凌ぐ、その後の転落・逃亡・孤立を巡る物語。(内容:平凡社より)

出光佐三(出光興産創業者)

評伝 出光佐三―士魂商才の軌跡

評伝 出光佐三―士魂商才の軌跡
画像:amazonより引用

【内容】
金や物に屈従しない「人間尊重」の生き方を生涯貫いた出光興産の創業者、出光佐三。日本が戦争の痛手から立ち直れないでいた昭和二十八(1953)年、国際石油メジャーと大英帝国を敵に回して、たった一隻のタンカー「日章丸」で世界を驚かせた真の日本人の生涯。(内容:「BOOK」データベースより)

小説出光佐三 ~燃える男の肖像~

小説出光佐三 ~燃える男の肖像~
画像:amazonより引用

【内容】
社員は家族だ。個人商店から石油王へ。大石油会社・出光興産を築いた男の反骨の生涯とは!?(内容:「BOOK」データベースより)

出光佐三―黄金の奴隷たるなかれ

出光佐三―黄金の奴隷たるなかれ
画像:amazonより引用

【内容】
門司で石油販売業を始め、持前の才覚で営業を拡大、敗戦で海岸資産を失うも、原油輸入から精製、販売まで携わる石油会社を築いた出光佐三。メジャーズや政府規制に対抗し続け、民族系石油会社の雄となりえた背景を探る。(内容:「BOOK」データベースより)

岩崎弥太郎(三菱財閥創業者)

明治の巨人 岩崎弥太郎

明治の巨人 岩崎弥太郎
画像:amazonより引用

【内容】
三菱の創業者・岩崎弥太郎。36歳で独立して「三菱」を起こし、50歳で病没するまでの13年半で、海運界を独占し、造船、炭坑、銅山、商業学校、保険業へ進出するなど「大三菱」の基礎を築いた。企業経営の近代化をリードした「明治の巨人」の生涯に迫る。(内容:「BOOK」データベースより)

岩崎弥太郎―商会之実ハ一家之事業ナリ

岩崎弥太郎―商会之実ハ一家之事業ナリ
画像:amazonより引用

【内容】
岩崎弥太郎(一八三五~八五)実業家。入獄、藩職を辞すなど腰の据わらない青年時代を過ごすが、長崎に出向いたことから、藩の貿易業務に従事する。維新後、三菱商会を発足させ、「政商の時代」を築いた。この豪快な物語は虚実ないまぜに語られてきたが、本書では資料と時代背景から、三菱発展の真相と人間岩崎弥太郎の等身大の姿に迫る。(内容:「BOOK」データベースより)

安藤百福(日清食品創業者)

安藤百福 私の履歴書 魔法のラーメン発明物語

安藤百福 私の履歴書 魔法のラーメン発明物語
画像:amazonより引用

【内容】
無一文から再起し、世界初の即席めん「チキンラーメン」、世界初のカップめん「カップヌードル」を生み出した、がむしゃら人生。(内容:「BOOK」データベースより)

安藤百福物語

安藤百福物語
画像:amazonより引用

【内容】
20世紀最大の発明、劇的な誕生エピソード!あのニューヨークタイムズが社説で「人類の進歩に寄与した」と絶賛し、米タイム誌が「アジアの英雄」の一人に選んだ男の食に捧げた96年を追う!(内容:「BOOK」データベースより)

麺の歴史 ラーメンはどこから来たか

麺の歴史 ラーメンはどこから来たか
画像:amazonより引用

【内容】
古代中国で生まれた麺料理の水引餅が、日本へ伝わり進化し、インスタントラーメンが世界中に輸出されるようになるまで…。そこには、人類のいかなる探究の歴史があったのか。「カップヌードル」の生みの親と、伝承料理研究家が、麺の種類、調理方法、飲食店の歴史、食生活の変遷と家庭での消費の変化など、麺を切り口に食文化の森羅万象を説く。文献調査とフィールドワークによって明らかにする“麺食文化史”の集大成!(内容:「BOOK」データベースより)

稲盛和夫(京セラ、第二電電(現・KDDI)創業者)

敬天愛人―私の経営を支えたもの

敬天愛人―私の経営を支えたもの
画像:amazonより引用

【内容】
順風の時も逆風の時も、ビジネスマンが失ってはならぬものとは…。著者自らの経験を綴りながら、経営、仕事、人生の要諦を説く。(内容:「BOOK」データベースより)

稲盛和夫 最後の闘い

稲盛和夫 最後の闘い
画像:amazonより引用

【内容】
「誰のカネやと思ってる!あんたにそれを使う資格はない」官僚的な経営幹部らを容赦なく叱り飛ばした稲盛。リーダー不在という日本の課題に斬り込む迫真のルポ。(内容:「BOOK」データベースより)

稲盛和夫の実学―経営と会計

稲盛和夫の実学―経営と会計
画像:amazonより引用

【内容】
バブル経済に踊らされ、不良資産の山を築いた経営者は何をしていたのか。儲けとは、値決めとは、お金とは、実は何なのか。身近なたとえ話からキャッシュベース、採算向上、透明な経営など七つの原則を説き明かす。ゼロから経営の原理と会計を学んだ著者の会心作。(内容:「BOOK」データベースより)

稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書

稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書
画像:amazonより引用

【内容】
度重なる挫折にもめげず、人一倍の情熱と強い信念をもって京セラを世界的な企業に育てた硬骨経営者の自伝。「経営は利他の心で」「心を高める経営」という独特な哲学、そして公私にわたる忘れがたき数々のエピソードを熱く語る。(内容:「BOOK」データベースより)

矢野博丈(大創産業(100円SHOPダイソー)創業者)

百円の男 ダイソー矢野博丈

百円の男 ダイソー矢野博丈
画像:amazonより引用

【内容】
「これが一〇〇円!?」ダイソーの出現は日本中に衝撃を与えた。その創業者矢野博丈は、大学卒業後、事業に失敗。夜逃げし、職を転々とした先に辿り着いたのが、トラックでの移動販売だった。値段を聞かれ、思わず口にした「一〇〇円でええよ」―それが後の人生を大きく変える。利益が一円でも売る一〇〇均商法で、型破りなビジネスモデルを作り上げた経営の秘密に迫る!(内容:「BOOK」データベースより)

山根 太郎(サンワカンパニー代表取締役社長)

アトツギが日本を救う ――事業承継は最高のベンチャーだ――

アトツギが日本を救う ――事業承継は最高のベンチャーだ――
画像:amazonより引用

【内容】
伊藤忠勤務の商社マンとしてバリバリ働いていた著者にかかってきた、死の床の父からの国際電話。「やっぱり、お前しかおらん」その3日後、父は息を引き取り、後を継ぐことなど全く考えていなかった著者は、2代目社長となった―。日本経済を元気にする、後継ぎのすすめ。(内容:「BOOK」データベースより)

佐藤 裕久(バルニバービ 代表取締役)

1杯のカフェの力を信じますか?

1杯のカフェの力を信じますか?
画像:amazonより引用

【内容】
一杯のカフェのチカラが未来を変える、街を変える…。南船場を変えた。芝公園が変わった。そして丸の内を変えようとしている…。街を変えた「カフェガーブの秘話」バルニバービの軌跡が今、明かされる。(内容:「BOOK」データベースより)

日本一カフェで街を変える男―人、モノ、金が輝くスーパー経営術

日本一カフェで街を変える男―人、モノ、金が輝くスーパー経営術
画像:amazonより引用

【内容】
大阪・南船場、東京タワー向かい、丸の内…この男のゆるぎない経営理念が、人の流れを呼び、地域の不動産価値を上げ、街をいきいきと輝かせる―。飲食業に携わるすべての人の「明日」が見える本です。(内容:「BOOK」データベースより)

スティーブ・ジョブズ(アップル共同設立者)

スティーブ・ジョブズ 1

スティーブ・ジョブズ 1
画像:amazonより引用

【内容】
アップル・コンピュータ(パソコン)、ピクサー(アニメ映画)、iPodやiTunes(音楽)、iPhone(電話)、iPad(タブレット)、DTP、そしてアップルストア(小売店)…。完璧を求める情熱と猛烈な実行力とで「舐めたくなるほど」魅力的な製品を次々と生み出し、上記の業界、いや、この地球に革命をもたらした歴史的なイノベーター、スティーブ・ジョブズ。彼の生涯を克明に綴り、世界中を感動させた、あの公式伝記が、ついに文庫になって登場!(内容:「BOOK」データベースより)

スティーブ・ジョブズ 2

スティーブ・ジョブズ 2
画像:amazonより引用

【内容】
ジョブズのiPodの中身は?デザインスタジオで「3年先の未来を見る」、「宇宙に衝撃を与える」製品の開発秘話、禅、京都、イッセイミヤケを愛する日本通、はじめて明かされた家族との私生活、何度も命を落としかけた壮絶な闘病、終生のライバル、ビル・ゲイツとの最後の対面、政治改革から新社屋まで、亡くなる直前まで情熱を注ぎ続けていたもの、最後のカリスマ、ジョブズのすべてが明らかに。(内容:「BOOK」データベースより)

ビル・ゲイツ(マイクロソフト共同創業者兼元会長兼顧問)

テクノロジーの世界経済史 ビル・ゲイツのパラドックス

テクノロジーの世界経済史 ビル・ゲイツのパラドックス
画像:amazonより引用

【内容】
テクノロジーは、人間を幸福にしてきたか?21世紀のラッダイトは、ポピュリズムに走る!AIによって人間の仕事の半分が消える―オックスフォード大学の衝撃レポート「雇用の未来」の共著者が描く人間vsテクノロジーの過去と未来。(内容:「BOOK」データベースより)

ビル・ゲイツ・ストーリー

ビル・ゲイツ・ストーリー
画像:amazonより引用

【内容】
IT世界に一大帝国を築き上げ、慈善活動のカリスマへと転身したビル・ゲイツに学ぶリーダー像とは。その成功の秘訣は何か?やさしい英語で読むビリオネアのサクセス・ストーリー。(内容:「BOOK」データベースより)

ビル・ゲイツ―巨大ソフトウェア帝国を築いた男

ビル・ゲイツ―巨大ソフトウェア帝国を築いた男
画像:amazonより引用

【内容】
米国史上最年少、36歳で長者番付第1位、19歳でハーバード大をドロップアウトした天才ハッカー。世界のコンピュータ業界を支配した驚異の経営戦略。(内容:「BOOK」データベースより)

ジェフ・ベゾス(Amazon.com共同創設者)

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

ジェフ・ベゾス 果てなき野望
画像:amazonより引用

【内容】
インターネットに大きく賭け、買い物や読書の習慣を大きく変えてしまったアマゾン創業者、ジェフ・ベゾス。本書は、その奇才の生い立ちから現在までをベテランジャーナリストが追った物語である。フィナンシャル・タイムズ紙、ゴールドマン・サックス共催ビジネスブック・オブ・ザ・イヤー2013受賞!(内容:「BOOK」データベースより)

Amazonをつくったジェフ・ベゾス (時代をきりひらくIT企業と創設者たち)

Amazonをつくったジェフ・ベゾス (時代をきりひらくIT企業と創設者たち)
画像:amazonより引用

【内容】
ネットが普及していなかった頃、「ネットで商品を売るビジネス」は成功すると確信した男がいた。アマゾン創設者、ベゾスの伝記。(内容:岩崎書店より)

マーク・ザッカーバーグ(Facebook共同創業者兼会長兼CEO)

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
画像:amazonより引用

【内容】
ユーザー数が5億人を超え、会社の時価総額が2兆円を超え、グーグルを驚かす存在となった巨人、フェイスブック。同社を率いるマスコミ嫌いのCEO、マーク・ザッカーバーグからの信頼を勝ち得た元フォーチューン誌のベテラン記者が、徹底取材からフェイスブックの真実を初めて明かす。(内容:「BOOK」データベースより)

Facebookをつくったマーク・ザッカーバーグ (時代をきりひらくIT企業と創設者たち)

Facebookをつくったマーク・ザッカーバーグ (時代をきりひらくIT企業と創設者たち)
画像:amazonより引用

【内容】
8億人のユーザーをもつSNS「フェイスブック」をハーバード大学在籍中に開設したマーク・ザッカーバーグ。彼の軌跡を追う。(内容:岩崎書店より)

イーロン・マスク(テスラCEO)

イーロン・マスク 未来を創る男

イーロン・マスク 未来を創る男
画像:amazonより引用

【内容】
驚異的な頭脳と集中力、激しすぎる情熱とパワーで、宇宙ロケットから超高性能の電気自動車まで「不可能」を次々と実現させてきた男―。「いま、世界が最も注目する経営者」のすべてを描く。(内容:「BOOK」データベースより)

INSANE MODE インセイン・モード イーロン・マスクが起こした100年に一度のゲームチェンジ

INSANE MODE インセイン・モード イーロン・マスクが起こした100年に一度のゲームチェンジ
画像:amazonより引用

【内容】
巨大自動車産業の扉をこじ開けた、テスラの革命。世界が熱狂するイノベーションと「CASE」の未来。イーロン・マスクの元側近が徹底取材した話題作!(内容:ハーパーコリンズ・ジャパンより)

ジャック・マー(アリババグループ、アントグループ創業者)

ジャック・マー アリババの経営哲学

ジャック・マー アリババの経営哲学
画像:amazonより引用

【内容】
アリババ・グループ大躍進の裏には確固たる信念と倫理があった!「あきらめることが最大の敗北だ」「他者を成功させてこそ、自分の成功がある」感動を呼んだ伝説のスピーチ5編も収録。(内容:「BOOK」データベースより)

Alibaba アリババの野望 世界最大級の「ITの巨人」ジャック・マーの見る未来

Alibaba アリババの野望 世界最大級の「ITの巨人」ジャック・マーの見る未来
画像:amazonより引用

【内容】
「未来をリスペクトし、恐れよ」BtoB、BtoC、CtoCのオンライン・マーケット、日中間最大の貿易サイト…最注目のインターネット企業グループ、その起業前夜から、米国株式市場上場まで、急成長の軌跡を追う。ここにビジネス・起業のヒントがある!(内容:「BOOK」データベースより)

「アリババ」を世界一の小売業にした男 ジャック・マー

「アリババ」を世界一の小売業にした男 ジャック・マー
画像:amazonより引用

【内容】
中国の著名な作家、ペンネームは江公(ジャンゴン)。長篇人物伝『ジャック・マー』は中国で発刊以来、既に九刷となり、販売部数は十万冊を超える。同書は、英語、イタリア語、アラビア語、ポルトガル語など多言語に翻訳され、中国の内外で大きな反響を呼んでいる。この他、長篇小説作品が十数冊、執筆したドラマの脚本はテレビで多数放映(内容:「BOOK」データベースより)

まとめ

以上、経営者別のオススメ書籍でした。

ビジネスリテラシーを高めるためには、「すでに経験をしている人の経験を追体験する」が最短距離だと思います。
これからビジネスに触れる方も、すでに経営を営んでいる方も経営本は参考になると思います。

最新の経営本がでれば常に更新をしていきますので定期的にチェックしていただければと思います。

※ビジネス分析思考を高める方法としてコチラで紹介しています!
ビジネスリテラシーを高めるためにすべき「利益を考えない」株式投資

タイトルとURLをコピーしました