WACULの創業からの沿革を調べてみた[新規上場申請のための有価証券報告書サマリー]

企業分析

AIアナリストを展開していWACULが2021年2月21日にIPO承認が下りました。AIアナリストといえばマーケティング担当者なら1度は聞いたことのあるサービスかと思います。あまり派手な印象はなかったですが、なんとなく気になったので沿革などを新規上場申請のための有報で調べてみました。

WACULとは

会社概要

会社名:(株)WACUL
代表者名:大淵 亮平
特色:主力サービス「AI analystで各社に閉じていたWebサイトのデータを集め、誰にでもデジタルマーケティングにおける分析と改善のツールを提供
創業年:2010年9月
上場年:2021年2月21日予定
上場コード:4173
発行市場:マザーズ
業種分類:情報・通信
会社URL:https://wacul.co.jp/
IRライブラリー:-
採用サイト:https://wacul.co.jp/recruit/

数字でみるWACUL

数字でみるWACUL

詳細は「数字でみるWACUL【新規上場申請のための有価証券報告書より】

WACULが考えている事業リスク

WACULが考えている事業リスク

詳細は「WACULが考えている25の経営・事業リスク[新規上場申請のための有価証券報告書サマリー]

創業からの沿革

創業からの沿革
できごと
20109創業。デジタルマーケティングのコンサルティング事業を開始
20114成果コミット型デジタルマーケティングのコンサルティング事業を開始。成果予測のために現在の「AIアナリスト」の前身となる社内利用向けのアクセス解析データ自動分析ツールを開発開始
20148社内利用向けの自動分析ツールをSaaS(Software as a Service)として改良し、アクセス解析データ分析レポートサービス「Sure!」のベータ版をリリース
20154「Sure!」事業の後継として、アクセス解析・改善提案サービス「AIアナリスト」をベータ版としてリリース
20156ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合から資金調達
201511「AIアナリスト」をサブスクリプションモデルに変更、正式版としてリリース
20169ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合から追加の資金調達
20171電通デジタル投資事業有限責任組合から資金調達
20184コンテンツマーケティングサービス「AIアナリストSEO」をベータ版で提供開始
201811株式会社リコー、株式会社マイナビ、TIS株式会社、みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合などより資金調達。株式会社リコーのプロダクトに対し「AIアナリスト」の一部機能を提供する協業契約を提携
20191コンテンツマーケティングサービス「AIアナリストSEO」正式版を提供開始「AIアナリスト」の知見を活かし、集客から接客までを一貫で行うべく自動広告運用サービス「AIアナリストAD」を提供開始
20192社内研究所として「WACUL テクノロジー&マーケティングラボ」を設立。研究顧問として国立大学法人東京大学・国立大学法人京都大学・学校法人明治大学よりAIやマーケティングの専門家を招聘
20202「AIアナリスト」をデータ分析でデジタルマーケティングのPDCAを支援するサービスとしてアップデート

まとめ

ワンプロダクトでのIPOで、「AIアナリスト」を軸にソリューションを横展開で顧客深耕型のモデルケースのような印象でした。

ワンプロダクトでIPOした企業は、上場した後にM&Aなどが積極的になるイメージがあるので、継続成長のための「脱コンサル」「脱ワンプロダクト」の次の打ち手が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました